GIANT ESCAPE R3ドロップ化などの改造日記とその後の自転車生活
ドロップ化は2007年9月の1ヵ月間にまとめています。
月別アーカイブで9月を選択すると完成までの流れを上から順に見ることができます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドロップ化のインプレッション
ドロップ版ESCAPE R3改めカンチR3のインプレを報告したいと思います。

///ハンドル周り///
まずはフラットバーに比べると様々なポジションを取る事ができるので非常に楽ですね。
それと当たり前ですが、下ハンドルを持った時の空気抵抗の低さ。
強いて言うならハンドルの幅をもう少し大きいサイズにすればよかったかな、と。

最終セッティングでも書きましたが、下ハンドルを水平にすると窮屈な感じがすると言っておりましたが、乗っているうちに水平よりやや上向きがちょうど良いと感じるようになりました。
また、上向きにしすぎると、下ハンドルを持った時にレバーも若干上向きになってしまうのでブレーキングやシフティングがやりづらくなるんですね。
結局は下ハンドルは水平に近い状態で落ち着きそうです。

///ディレイラー周り///
リアは8段から10段になったことで、シフトチェンジしていても「まだ残ってたのか」と感じることが多々あります。
シフトダウン時には中間ギアのスプロケ歯数差が1つということもあってか、ギアチェンジしたのかもわからないくらい静かにチェンジするのには驚きました。
実際にギアチェンジされているのか、目で見て確かめたくらいです。

フロントはシフトアップするときに動かすレバーの範囲が以前のレバーシフトと比べて短いと感じました。
要は少ない動きでシフトアップできるので非常に得した気分です。

///サドル周り///
今まで使用していたコンフォートモデルとは比べ物にならないくらい硬いサドルにしたのと、シートポストのサスペンションがなくなったことで乗り心地を心配していたのですが、思っていたほどではありませんでした。
自転車に乗る時に私はレーサーパンツを穿かないのですが、苦痛を感じることなく乗れています。

///ブレーキ周り///
カンチブレーキの効きに関しては問題ありませんが、ハンドルをかなり切ると、フロントのワイヤーとシフトワイヤーが干渉して自動でブレーキが効いてしまいます。

20070915-153800.jpg

といっても通常走っている状態では絶対に切ることのない角度なので問題はありませんが、自転車を押していて方向を変えるときとかは勝手にブレーキがかかって一瞬あせります…

また、今までと違ってブレーキを握った感触がとてもいいです。
硬すぎず、柔らかすぎず。
レバーの可動範囲が大きいのが手が大きく握力もある自分に合っている気がします。

///ペダル周り///
ドロップハンドルは全然関係ないですけど、ビンディングは楽ですね。
山の登りで「引く」ことができるというのはものすごくアドバンテージがあるということに気付かされました。
ビンディングに慣れてからスニーカーで山を登ったら笑ってしまうと思います。
それくらい違いがあります。
ビンディングにする前から引き足は意識してペダリングしていたのですが、ロックされているのとされていないのとでは雲泥の差があります。
悲しいですが、走りそのものに関しての一番の違いはビンディングペダルにあるかもしれません…

///全体的な印象///
当たり前ですが、コンポをSORAから105にしたからといって速くなることはありません。
フラットバーからドロップにしたことによって抑えられる風の抵抗の分は速く走れるようにななるのでしょうけど、走りに速さとかを求めるタイプではないのであまり気にしません。
とりあえず多彩なハンドルポジションを取る事ができるという点とビンディングペダルの恩恵、そしてSTIレバーの快適さが今回の改造で得られたメリットです。
そして何よりも分解して組み立てている間が一番楽しかったです。

改造したからにはそれに乗らなければ意味がないので、楽しい改造は少し控えめにしまして、東北の残り少ない自転車シーズンを無駄にしないよう、走り貯めしたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
↑ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
かっちょいい!!
カンチR3様

祝改造大成功!とてもかっちょよく仕上がっていると思います。

改造した結果よりもその過程が楽しいってのはすごく納得しました。

雪が降って乗れなくなるオフシーズンにはさらに武装化が進みそうですね!

σ(`ε´)は週末にぎっくり腰をやってしまい,数日間走る事ができず,ひたすらsirrusを磨いていました・・・。カンチR3さんも体に気をつけて走り貯めてください!!
2007/10/03(水) 21:17:06 | URL | apua #-[ 編集]
ありがとうございます!
apuaさん

お褒めの言葉、ありがとうございます。
頑張った甲斐があります。

ぎっくり腰ですか…
完全に治る前にまた乗りはじめて悪化させることのないように、完治してから乗り始めてください!
私なら絶対に乗ってしまいそうなので。

愛車はsirrusなんですね!
私もESCAPEより正直sirrusを欲しかったのですが、3日坊主になるのを恐れて安いESCAPEにしました。。。
結局3日坊主どころかこんな結果になってしまったのですが。
乗れない間はメンテで愛情表現してあげてください!
2007/10/04(木) 08:43:29 | URL | カンチR3 #-[ 編集]
こんばんは!
カンチR3さん、良い仕上がりですね!カッコイイ!クロスバイクをロードにする事って、こんな難しい事とはやってみないと解らない事なんですよね!
結局、どうにもならない所は自作パーツとか、ちょっとした加工が必要なんですよね。
でも、仕上がってしまえばこんなにカワイイ物は無い!って感じですよね!

ホント、いい感じでカッコイイですよ!
2007/10/04(木) 23:39:44 | URL | マサ #nL6A2.tM[ 編集]
本当、そうですね
こんなカンチをカッコイイだなんて、本当にありがとうございます。
確かにもっと簡単にできると思っていたのですが、こんなに壁が多いとは思っていませんでした。
マサさんのように台座を自作するまではいかず、カンチで妥協してしまいましたが、それでも愛着はかなり沸きますね。
自転車自体は決して高くないものですが、自分で手を加えたオリジナルということですごく誇らしく思います。
これからもマサさんの改造工程をいろいろと参考にさせてもらいたいと思います!
2007/10/05(金) 00:01:20 | URL | カンチR3 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。